2022年7月27日水曜日

 小・中合同職員研修(7月22日)

国頭地区のトレッキングコースの散策に行きました。寄島学園では、4年生と中学2年生が国頭トレッキングコースを登る計画になっています。地域から、笠原さん、佐藤さん、村上さん、中濱さんのボランティアの先生方4人にご案内をいただきながらの教材研究です。トレッキングの基地である「ちょっと寄ってい家(旧寄島ランドリー)」で、トレッキングのつえを借りて出発しました。どこも樹木が日陰をつくってくれていて、足下は落ち葉でふわふわの歩きやすいコースです。日々の整備のご苦労が伺えます。起伏が急なところもあり気をつけて進みました。所々で、展望箇所があり笠岡方面、寄島港方面と素晴らしいながめです。子どもたちと一緒にトレッキングをし、新たな寄島の魅力が発見できるのが楽しみです。



2022年7月20日水曜日

 オンライン交流会(7月14日)

5年生のよりしま学「寄島の魅力を見て!触れて!発信しよう」では、発信する相手を夏休みに交流が予定されている江戸川区第二松江小学校の5年生としています。今日は、初めてのオンライン交流会です。シーカヤックやサップのマリンスポーツのことを体験した時の写真を使いながら説明しました。新聞やパンフレットにまとめた魅力もあわせて発信しました。第二松江小学校の友達からは、「魅力を伝えるためにいろいろな体験をしているところがすごい。」「寄島のいろんなことが分かってよかった。」などの感想をもらいました。8月4日の交流会も、とても楽しみです。








 着衣泳(7月13日)

3年生以上で、着衣泳を行いました。講師の頃末さんから、服を着ていても水の上で上手に浮く方法や、ペットボトルを使って浮く方法を教えていただきました。いざという時が来ないことを願いながら、もしもの時のために真剣に学習できました。


 5年生マリンスポーツ体験(7月12日)

青佐鼻海岸で、シーカヤックとサップの体験をしました。講師として、「あそぶところ」より、3名の方が来てくださいました。パドルの持ち方やこぎ方をしっかりと聞いていよいよスタートです。緊張していた子どもたちも、次第にこつをつかんで沖へ沖へとカヤックをこぐことができました。保護者の方や地域ボランティアの方にもたくさん参加していただき、安全に活動ができるよう見守っていただきました。



2022年7月6日水曜日

 中学生に守られながらの下校(7月5日)

今日は、不審者に気をつけて登下校する日です。中学校から、一緒に下校してはどうでしょうと声をかけていただきました。3年生以上の下校時刻に、中学生が小学校まで来て小学生の一斉下校の列に入ってくれました。校門から入ってくる中学生が、とても頼もしく、安心した気持ちになれました。地域からも、みるみるウォークの方、民生委員の方、そしてたくさんの保護者のみなさんも下校の見守りにご協力いただきました。本当に、ありがとうございました。誘拐メールは、本当に不安な気持ちになり、いやでいやで仕方なかったのですが、こうしてたくさんの方たちに守られていることが再認識できた一日でした。





2022年7月5日火曜日

 児童朝会(7月4日)

今日の児童朝会では、寄島小学校の子どもたちの登下校を守ってくれる人たちについて話をしました。7月5日の誘拐予告のメールを受けて、不安な気持ちを抱えている子どもの声がたくさん届いていたためです。この日の登下校では、たくさんの人が見守りを強化し、子どもたちの安全を守ってくださることになっています。地域のみな様をはじめ、多くの方々に心から感謝します。始まる前には、6年生が体育館掃除をして全校のみんなをきれいな会場で迎えてくれました。また、夏休みに予定されているラジオ体操の練習もがんばりました。



 心肺蘇生法の研修(6月28日)

笠岡市消防署の方を講師に迎え、心肺蘇生法の研修会を行いました。水泳指導のたびに毎回行ってきた研修ですが、教職員は、真剣な態度で熱心に研修に参加しました。いざという時に命を守るための大事な研修でした。



2022年6月30日木曜日

 ソテツの花(6月23日)

校門入ってすぐの所に、ソテツの木があります。地域の方から「花が咲いとるよ。とてもめずらしいんで。」と教えていただきました。調べてみると、花が咲くのは10年に1度で、見ると幸運が訪れると言われているそうです。校務員さんが、見やすいように剪定してくれました。みなさんもお近くを通られましたら、ぜひご覧ください。


 人権週間読み聞かせ(6月23日)

人権週間の取組の1つに、司書の先生による給食時間の読み聞かせがあります。司書の先生が「しんゆうだけどだいきらい」という本を選んで、読み聞かせをしてくれました。1年生の教室をのぞいてみると、どの子も一生懸命お話を聞いていました。友達とのかかわり方について考えるよい機会になりました。


 もやい広場(6月22日)

給食時間の放送で教頭先生から「5月25日にオープンしたもやい広場がたいへんなことになっています。草がたくさん生えています。昼休みに、10分みんなの力を貸してください。草取りをした後は、もちろんしっかり遊びましょう。」という放送がありました。昼休みになると、いつも運動場で遊んでいる子どもたちも、もやい広場に集まってきて草取りに汗を流してくれました。草取りの後には、広場でおにごっこをしたり、寝転がって空を見たりしている子どもたちがいました。


 水泳学習が始まりました。(6月22日)

3年ぶりにプールが始まりました。寄島小学校は、B&Gのプールを使わせて頂くので、玄関に並んで出発します。コロナ対策として、更衣室の着替えによる密を避けるために、教室で着替えをしたり、学年ごとに分けてプールの時間割を組んだりしてのスタートです。子どもたちは、久しぶりのプールに大喜びです。今年は、水に慣れることを重点に指導しているため、3年生も補助プールでしっかり水慣れの学習をがんばっていました。「1に安全、2に指導」の意識で学習を続けていきます。






2022年6月22日水曜日

 教育相談週間(6月21日)

今週は、教育相談週間です。昼休みを伸ばして、担任の先生と一人ずつ話をする時間を作っています。その日に相談がない子は、今日は雨のため体育館や多目的ホールで過ごしました。体育館では、ボール運動やおにごっこを、多目的ホールでは先生の準備した映像を見て過ごしました。一人一人の先生との大事な時間で、今まで以上に担任の先生とのつながりが深まることを願っています。どんな話をしているのでしょうか。少しだけ、写真をとらせてもらいましたが、どの子も嬉しそうな顔が印象的でした。先生もです。



 家庭科ボランティア(6月21日)

5年生の家庭科で、手縫いに挑戦しています。なみ縫い、半返し縫い、本返し縫いなどの基礎縫いを練習しています。なかなかうまくできなくて、すごく苦戦しているのですが、今日は地域のボランティアの先生が6名来て下さり一緒に縫い方を教えて下さいました。手とり足とりとはこのことで、一つ一つ個別に丁寧に教えてもらい、練習布を完成させ目ことが出来ました。


 給食指導(6月17日)

今日の食育指導は5年生です。「じょうぶな骨をつくろう」という内容で給食センターの先生が指導に来てくださいました。骨がどのようにつくられるのか。骨をじょうぶにする食べ物はどんなものがあるのかを教えていただきました。牛乳にはカルシウムという骨を作る栄養素がたくさん含まれていることも分かり、改めて給食に牛乳が配膳されている理由が分かりました。


 校内研究会(6月17日)

第1回の校内研究会を行いました。本年度は、中学校と連携し、同じ研究主題「自信をもって活動できる児童・生徒の育成」で取り組みます。小学校は副題として~読む力の向上を目指す国語科の授業づくりを通して~と設定しました。4年生「一つの花」の授業公開です。自分の意見をしっかりもち、フリートークの中で考えを交流できました。授業後には研究協議会を行いました。講師に岡山大学・中山芳一先生を迎え、授業の中での子どもの姿からご指導いただきました。子どもの感情が動くような、心揺さぶる仕掛けを教師が仕組むことの大切さを教わりました。寄島学園から中学校、竜南保育園の先生方も参加してくださり一緒に授業を見ていただきました。





2022年6月20日月曜日

 熱中症対策(6月16日)

昨日までのさわやかな朝ではなく、今朝はむしむしと暑い朝でした。昼には、岡山県の熱中症情報が配信されました。寄島小学校も、熱中症対策を開始しました。機械を使って暑さ指数を図ります。職員室前に情報をタイムリーに掲示します。暑さ指数31を超えたら、外での活動は中止です。昇降口近くでは天井からと扇風機型の2つのミストを発生させます。こまめな水分補給、外でマスクを外すこと、十分な睡眠や休養など、自分でできる予防もがんばれるよう指導していきます。