2022年6月30日木曜日

 ソテツの花(6月23日)

校門入ってすぐの所に、ソテツの木があります。地域の方から「花が咲いとるよ。とてもめずらしいんで。」と教えていただきました。調べてみると、花が咲くのは10年に1度で、見ると幸運が訪れると言われているそうです。校務員さんが、見やすいように剪定してくれました。みなさんもお近くを通られましたら、ぜひご覧ください。


 人権週間読み聞かせ(6月23日)

人権週間の取組の1つに、司書の先生による給食時間の読み聞かせがあります。司書の先生が「しんゆうだけどだいきらい」という本を選んで、読み聞かせをしてくれました。1年生の教室をのぞいてみると、どの子も一生懸命お話を聞いていました。友達とのかかわり方について考えるよい機会になりました。


 もやい広場(6月22日)

給食時間の放送で教頭先生から「5月25日にオープンしたもやい広場がたいへんなことになっています。草がたくさん生えています。昼休みに、10分みんなの力を貸してください。草取りをした後は、もちろんしっかり遊びましょう。」という放送がありました。昼休みになると、いつも運動場で遊んでいる子どもたちも、もやい広場に集まってきて草取りに汗を流してくれました。草取りの後には、広場でおにごっこをしたり、寝転がって空を見たりしている子どもたちがいました。


 水泳学習が始まりました。(6月22日)

3年ぶりにプールが始まりました。寄島小学校は、B&Gのプールを使わせて頂くので、玄関に並んで出発します。コロナ対策として、更衣室の着替えによる密を避けるために、教室で着替えをしたり、学年ごとに分けてプールの時間割を組んだりしてのスタートです。子どもたちは、久しぶりのプールに大喜びです。今年は、水に慣れることを重点に指導しているため、3年生も補助プールでしっかり水慣れの学習をがんばっていました。「1に安全、2に指導」の意識で学習を続けていきます。






2022年6月22日水曜日

 教育相談週間(6月21日)

今週は、教育相談週間です。昼休みを伸ばして、担任の先生と一人ずつ話をする時間を作っています。その日に相談がない子は、今日は雨のため体育館や多目的ホールで過ごしました。体育館では、ボール運動やおにごっこを、多目的ホールでは先生の準備した映像を見て過ごしました。一人一人の先生との大事な時間で、今まで以上に担任の先生とのつながりが深まることを願っています。どんな話をしているのでしょうか。少しだけ、写真をとらせてもらいましたが、どの子も嬉しそうな顔が印象的でした。先生もです。



 家庭科ボランティア(6月21日)

5年生の家庭科で、手縫いに挑戦しています。なみ縫い、半返し縫い、本返し縫いなどの基礎縫いを練習しています。なかなかうまくできなくて、すごく苦戦しているのですが、今日は地域のボランティアの先生が6名来て下さり一緒に縫い方を教えて下さいました。手とり足とりとはこのことで、一つ一つ個別に丁寧に教えてもらい、練習布を完成させ目ことが出来ました。


 給食指導(6月17日)

今日の食育指導は5年生です。「じょうぶな骨をつくろう」という内容で給食センターの先生が指導に来てくださいました。骨がどのようにつくられるのか。骨をじょうぶにする食べ物はどんなものがあるのかを教えていただきました。牛乳にはカルシウムという骨を作る栄養素がたくさん含まれていることも分かり、改めて給食に牛乳が配膳されている理由が分かりました。