2020年7月27日月曜日

寄島まるごと体験!5年生シーカヤック体験(7月22日)

 7月22日、5年生が青佐鼻海岸でシーカヤック体験をしました。  
 シーカヤックと海遊びのグループに分かれ、浅口市B&G海洋クラブ指導者会の指導員からパドルの操作方法や安全な活動の仕方などを教わったあと、シーカヤックに乗り込み出発しました。  
  子どもたちは、活動を通して、海上を進みながら美しい景色を楽しんだり、海遊びで自然の良さを体感したりして、寄島の魅力の一つである海のすばらしさを再発見しました。  
 この活動には、保護者の方々がボランティアとして関わってくださいました。準備から片づけまで子どもたちの活動と学びを支えていただきました。お忙しい中、大変お世話になりました。ありがとうございました。









 
 








2020年7月21日火曜日

住吉満様寄付金贈呈式(7月15日)

 先日、マスコミ報道でもありましたが、7月15日に寄島出身 住吉満さん(92歳)が、浅口市に1億円を寄付されました。
 住吉さんは、14歳まで寄島で育ち、その後大阪で会社を立ち上げられ、社会の発展に貢献されました。
 この度、三ツ山やアッケシソウ自生地の環境保全など寄島の子どもたちが郷土に誇りを持てるような活動に役立ててほしいと強い思いを話され、栗山市長に目録を手渡されました。


しおかぜ(縦割り班活動)

 7月17日、しおかぜが行わわれました。1年生から6年生が縦割り班となり、6年生がリーダーシップをとり、活動内容を各グループごとに決め、年間を通して活動します。



2020年7月15日水曜日

全校草取りタイム(7月15日)

 今月は、寄島っ子よいこの合言葉の中の「まじめにそうじ きれいなこうしゃ」をめあてに、全校児童が熱心に清掃活動に取り組んでいます。
 代表委員会においても、このめあてに向け、「全校草取りタイム」を計画し、7月15日朝の活動として広い運動場をしおかぜグループ(縦割り班)で分担し取り組みました。
 短い時間でしたが、全校児童の力を合わせ、たくさんの草をとることができました。力を合わせて取り組むことの素晴らしさも感じました。




2020年7月13日月曜日

よりしま魅力化推進協議会第1回部会(7月9日)

 よりしま魅力化推進協議会(学校運営協議会)の下部組織である3つの部会(学びづくり、心と体づくり、絆づくり)が開催されました。それぞれの部会で課題となっています学習習慣や基本的生活習慣、体験活動や交流活動について、具体的に学校・家庭・地域でどんな取組をするべきなのかを協議しました。
 学校・家庭・地域それぞれの立場から、建設的な意見が交わされ、充実した部会となりました。

 (部会メンバー)
  ☆学びづくり部会
   中学校:佐藤直樹 小学校:今岡 旭 中学校PTA:川崎章代 小学校PTA:三宅 良
   地 域:藤澤福夫(青少協) 三宅秀次郎(漁協) 花房泰志(アッケシソウを守る会)
  ☆心と体づくり部会
   中学校:吉藤享希 小学校:荒木佑佳 中学校PTA:三宅裕代 こども園PTA:吉本美佳
   地 域:笠原宏之(魅力化CN) 佐藤恵美(愛育委員)
  ☆絆づくり部会
   中学校:藤澤龍之介 小学校:洲本朋子 小学校PTA:三宅和伸 保育園PTA:梅村朱里
   地 域:中濵文子(魅力化CN) 田中太志(寄島公民館) 加集賢太郎(漁協)





寄島まるごと体験!2年生寄島町漁業協同組合フィールドワーク(7月2日)

 7月2日、2年生が寄島町漁業協同組合を訪問しました。
 海の生き物とふれ合ったり、漁船に乗せていただいたりと、人やものとの関わりから、魚が口に入るまでの様々な過程を知り、寄島の海のすばらしさを実感しました。







2020年7月10日金曜日

6年生 ミシンボランティアの方々にサポートしていただきました

 6年生家庭科、ミシンを使って作品を作る学習において、学校支援ボランティアの方々がサポートをしてくださいました。直線縫いの仕方や返し縫いの仕方、また糸が絡んで困ったときなど、優しく、ていねいに教えてくださいました。
 ボランティアの皆さん、ありがとうございました。